現在位置の階層

  1. ホーム
  2. トピック&ニュース
  3. 文芸の会独りょかい[2019年12月16日(月曜日)]

トピック&ニュース

情報とニュース 令和元年最後の「11月読書会」

去る11月16日白樺コミセンで開催しました文芸セミナーには会員12名が参加しました。今年最後となる読書会でしたが、指定本は浅田次郎の「帰郷」。
浅田次郎は戦後生まれですが、その実体験なしにリアルな戦場を描写した6編が掲載されています。太平洋戦争に招集され戦い、奇跡的に生き延びて復員したものの、怪我や心の傷から癒えず戦後の新しい世の中を生きていく帰還兵の姿に、戦争の悲惨さを語り継ぐことの大切さを気づかせてくれた作品です。この後、「当別文芸」(第9号)の感想交流も行われました。

次回は明けて2月22日、白樺コミセンです。指定読書本は山田甲士の「ひなたや弁当」(小学館文庫)です。お楽しみに。

【当別文芸の会だよりNo104から】

関連記事

個別メニュー

当別文芸の会

北海道ゆかりの文学作品を読み、仲間と語り合います。文芸誌を刊行しています。

当別町民ポータルサイト「+Life TOBETSU」