現在位置の階層

  1. ホーム
  2. トピック&ニュース
  3. ミニコンサート開催!![2010年04月23日(金曜日)]

トピック&ニュース

情報とニュース 5月8日(土)に、ふれあい倉庫にて、真弓基敬氏、亀谷彰一氏、今津友紀氏をゲストに迎えて、ミニコンサートを開催します。

当別トロンボーンカルテットでは、ゲストを迎えてふれあい倉庫でミニコンサートを開催します。

日時
2010年5月8日(土) 15時開演

場所
ふれあい倉庫カルチャーホール (JR石狩当別駅南口隣)

入場料
500円(当日同額)
チケットはふれあい倉庫で取り扱っています

曲目
4本のトロンボーンのためのアンダンティーノ(J.コーエン)
バッハ風に(J.M.デュファイ)
チャルダッシュ(V.モンティ)
ザッツ・ア・プレンティ(B.A.ウィリアムス)
「千と千尋の神隠し」よりあの日の川(久石譲)
「天空の城ラピュタ」より君をのせて(久石譲)
76本のトロンボーン(M.ウィルソン)

ゲスト
真弓基敬
東京芸術大学卒業。札幌交響楽団首席奏者として活躍。
札幌ブラスアンサンブル、札幌トロンボーンアンサンブルにて活動。
1986年から2009年まで「トロンボーンコンサートの夕べ」を毎年開催。
1991年、2004年に東京文化会館にて民音主催「ソリストたちの競演」に出演。
第2回、第5回日本管打楽器コンクール・トロンボーン部門審査員を務める。
1996年、帯広にてジョイントコンサート、札幌大谷記念ホールにてソロリサイタルを開催。
2000年12月札幌コンサートホールキタラ小ホールにてソロリサイタルを開催。
2005年札幌交響楽団を退職。
トロンボーンを宇宿允人、山本正人、クルト・プッチケに師事。
北海道トロンボーン協会会長、プレセアトロンボーンアンサンブル代表。
札幌大谷大学音楽学部講師、北翔大学講師。

亀谷彰一
中学2年生からトロンボーンを始め17歳で真弓基教氏に師事。北海道立札幌東高等学校を経て東京芸術大学入学。
在学中(1977、1979年)に東京文化会館主催推薦者音楽会(現・東京国際音楽コンクール)、1980年 東京芸術大学モーニングコンサートに出演。
1981年東京芸術大学を卒業。同年、札幌教育文化会館小ホールにて札幌交響楽団員とジョイントリサイタルを開催。
1982年5月 チェコスロバキア、「プラハの春国際音楽コンクール」トロンボーン部門に於て、日本人として初の本選進出を果たし、ディプロマ賞を受賞。
1983年2月、東京文化会館小ホールにて第一回のソロリサイタルを開催する。
1984年、フランス、クロード ドビュッシィー音楽院へ入学。ギイ デスタンク氏(パリ音楽院教授・パリ管弦楽団トロンボーン奏者)に師事。
1985年、同校を卒業。名誉賞を受賞。
1986年、東京、大阪、名古屋、札幌など全国8カ 所にてリサイタルを開催。
1992年5月、初のCD「ヴォカリーズ」をリリース。
著作物としては、「管楽器名曲集」「トロンボーン名曲集」をドレミ楽譜出版社より出版。
トロンボーンを真弓基教、伊藤清に師事。
名古屋音楽大学講師、日本トロンボーン協会常任理事。

Normal 0 0 2 今津友紀
名古屋音楽大学音楽学部器楽学科卒業。
在学中より、カースティン・スバンベルグ(ソリスト)、イアン・バウスフィールド(ウイーンフィルハーモニー交響楽団)、スコット・ハートマン(インディアナ大学教授)、ジョセフ・アレッシ(ニューヨークフィルハーモニー交響楽団)等に師事し、特待生となる。
2002年、2004年、ロシア・サンクトペテルブルグにてフィルハーモニー首席奏者マクシム・イグナチエフ氏、マリンスキー劇場オーケストラ首席奏者イーゴリ・ヤコブレフらとトロンボーントリオ・カルテットなどを演奏し絶賛を博す。
現在、中部圏を中心に活動を展開し、国内外の幅広い演奏活動で各方面から高い評価を得ている若手実力派トロンボーン奏者である。
トロンボーンを亀谷彰一、関根五郎に師事。

個別メニュー

当別トロンボーンカルテット

当別中学校吹奏楽部のOBで結成するトロンボーンアンサンブルです。

マイメニュー

当別町民ポータルサイト「+Life TOBETSU」