当別森林ボランティア「シラカンバ」

「シラカンバ」は、自主的に森林づくりに参加し、自らの責任において判断し、行動している小さな集まりです。会員の出発点は、あくまでも、森林づくりへの自主的な参加であり、その動機や関わり方もさまざまです。自発的に森に入って、森を健全な状態に整備し、守り育てていく作業にはいつもすがすがしい感動を実感しています。活動している森林は、主に当別町内の狭いエリアを対象としています。好きなことをしていい汗をかいて、気持ちよくなれて元気な森をつくる・・・。私たちが行う作業は、量的にも質的にも限界があり、その成果はほとんど目に見えませんが、森に入ることが好きな人たちが集まり、言わば趣味の世界で楽しみながら地味で目立たない活動をしています。こうした森林保全と健康な森づくりの小さな行いが、「地球温暖化防止策」に繋がる社会貢献活動として認められ、「平成25年度ほっかいどう地球温暖化防止貢献の森林づくりコンクール」のボランティア部門で最優秀賞(北海道知事表賞)を受けました。
2015年の春からは、「弁華別協働の森の会」と称し、弁華別小学校の北西に位置する森で、新しく「里山づくり」に挑戦しており、それまで荒れていた森を”里やま”として復元し、再活用を目的とした活動も始めました。例えば、自然からの恵みの場(山菜・キノコ・木の実・樹液・炭焼き)としてやレクリエーションの場(散策・森林浴・紅葉狩り・バードウォッチング)として、更には森づくりの場(植栽・下草刈り・除伐・間伐)等々の整備を手がけております。これは国の呼びかけ(森林・山村多面的機能発揮対策事業)に賛同し活動しているもので目下、企業とNPOとボランティア(「シラカンバ」)の三者によるコラボで取り組んでいます。

当別森林ボランティア「シラカンバ」の詳しくはマイメニューをご覧ください。

トピック&ニュース(最新5件)

情報とニュース 8月中の活動状況 2016年09月01日(木曜日)

個別メニュー

当別森林ボランティア「シラカンバ」

当別森林ボランティア「シンカンバ」

当別森林ボランティア「シラカンバ」について紹介するサイトです。

当別町民ポータルサイト「+Life TOBETSU」